ホームページの記事投稿方法には「投稿ページ」と「固定ページ」の2つの方法があります。

「投稿ページ」とは、ブログのように投稿した日付が表示される記事です。

 

「固定ページ」とは、ホームページ上部のメニューバーにあらかじめ作られているページと同じように、

投稿日付が入らないページになります。

 

ここでは、投稿ページの書き方についてご説明いたします。

 

 

【ステップ1】「投稿」をクリック

管理画面左サイドバーの「投稿」→「新規追加」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ2】記事を書きましょう

「ビジュアル」「テキスト」「Page Builder」という3つのエディタがありますので、使いやすい方法で記事を書いてみて下さい。

 

 

 

 

 

「ビジュアル」→初心者向け

最も一般的で簡単なエディタです。ワード感覚で文字や画像を投稿できます。特に理由がなければこのエディタを選んでください。

 

「Page Builder」→中級者向け

こちらは、ビジュアルエディタを進化させたエディタになります。文字や画像の配置を指定して投稿できます。

 

「テキスト」→上級者向け

こちらは、HTMLの知識がある方用のエディタです。まちがってこちらに文字を打ち込んでしまうと、行間が詰まった投稿になってしまいます。注意してください。

 

 

【ステップ3】画像を追加しましょう

どんなに良いことが書いてあったとしても、パット見た瞬間にぎっしり詰まった文字原稿が目に見つけば、読みたい気持ちもなくなってしまいます。原稿を補助するような画像やイラストを柔軟に追加しましょう。記事投稿時に無料で使えるフリー画像サイトなどはこちらにまとめてあります。→https://support.souzokuhansoku.com/freeillust/

 

画像の追加方法は以下の手順になります

1、画像を追加したい場所にカーソルを持っていき、「メディアを追加」をクリック。

 

 

 

 

 

2、「ファイルをアップロード」をクリック

 

 

 

 

3、「ファイルを選択」をクリックしてパソコン内の画像ファイルを選択してください。

 

 

 

 

4、「配置・リンク先・サイズ」を指定して「固定ページに挿入」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ4】アイキャッチ画像を設定しましょう

管理画面右下から、アイキャッチ画像を設定できます。アイキャッチ画像を設定すれば、投稿記事を一覧したときに、画像も一緒に表示されるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ5】カテゴリを設定しましょう

投稿記事は内容にあわせてカテゴリを設定しましょう。カテゴリは自由に追加することができます。

 

 

 

 

 

 

【ステップ6】CTAを設定しましょう

CTAとは、この記事を読んだお客さまに、次に取ってもらいたい行動を促すためのお知らせバナーです。

たとえば、あなたがホームページで傘を販売しているとして、今日は折りたたみ傘についての記事を書いたとしましょう。すると、このページを読みに来る人は、折りたたみ傘に興味がある人なので、記事の最後には折り畳み傘の販売ページへのリンクがあればいいですよね?

そこで、あらかじめ折り畳み傘のバナーをつくっておいてCTAに登録しておきます。そして、折り畳み傘に関する記事を書いたときは、このCTAを選んで起きます。

CTAの設定は、投稿記事の入力フォームの下の方にあります。

 

 

 

 

 

【ステップ7】ページを確認しましょう

一通りの作業が完成したら「更新」ボタンをおして作業内容を保存しましょう。

管理画面上部の「投稿を表示」をクリックすると、今作業した内容を実際の公開状態で見ることができます。