電話アクセス
遺言書作成まるごとお任せパック

遺言書でこんな悩みはありませんか?

遺言書を書きたいけど‥‥

誰に相談すればいいの?

書類の手違いで何度も

役所へ足を運ぶはめになった。

どの遺言書制度を

利用すればいいの?

わからないことを

まとめて相談したい。

忙しくてなかなか手続きができない!

遺言書は自分で作ると、たいへん

遺言書の制作は、自分で行うことができますが、記入方法の決まりも多く、かなりの時間と量力がかかります。他にも手間と時間がこんなにかかってきます.

相続放棄しなければこんなに大変

たいへん-その1

記入方法の不備で遺言が無効になる可能性があります

「自筆証書遺言」の場合、パソコンで作ってしまうと無効となります。全文を手書きで書かなければならず,代筆は認められていないのです。


また,全文を手書きで書いて,署名捺印を行ったとしても,日付を「平成25年7月吉日」と書いてしまったりすると無効になってしまいます。

 

 

その他、名前や日付、印鑑の押し忘れなどの理由で、遺言書が無効になる場合があります。法律で定められた形式を守らなければ遺言書の効力は発生しません。

相続放棄しなければこんなに大変

たいへん-その2

自分にぴったりの遺言書はいったいどれ?

遺言書には、 自立証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類 がありますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、よく考えて自分にあった遺言書を選ぶ必要があります。

 

また、遺言書には法的に定められた事柄が多く存在しますので、書き方が違うだけで無効となるケースもあります。

相続放棄しなければこんなに大変

たいへん-その3

遺言書が発見されないと無効になります

遺言書は安全な場所に保管されていることが必要ですが、相続人は遺言書の存在を知らない場合も多く、もし、遺言者の死亡後に遺言書が発見されなければ、そもそも、遺言書を書いた意味がなくなってしまいます。

 

また,遺言書を見つけた人が,たまたま遺言書によって不利益を受ける人であった場合,遺言書を隠したり破棄したりといった可能性がないともいえません。

「遺言書の作成まるごとお任せパック」なら

「遺言書の作成まるごとお任せパック」なら

必要な書類や手続きのすべてを”丸ごと”お任せいただけます。

あなたは当窓口へ依頼するだけでOK!

必要な書類や手続きのすべてを”丸ごと”お任せいただけます。

あなたは当窓口へ依頼するだけでOK!

遺言書は、決まったルールに添って作成しないと無効とされてしまいます。書類の準備はもちろん、記入方法にもしっかり気を使っていく必要があります。

そこで当サポートセンターでは、遺言書の作成に必要な書類の準備から遺言内容に至るまで、遺言書作成のすべてを丸ごとパッケージにした、 「遺言書の作成まるごとお任せパック」 をご用意しました。面倒な手続きはすべて専門家に任せて、あなたの大切な時間をもっと有意義なことに使ってください。

遺言書の作成まるごとお任せパック
8つの特徴

事前準備は不要です

無料相談であなたのケースについて、どの遺言書を選ぶべきか?どんな準備が必要なのか?わかりやすくご説明いたします。あなたは当サポートセンターへお申込みするだけでOK!

わかりやすい説明

遺言書の作成についてはもちろん、その他の心配事にもわかりやすい説明でしっかり対応いたします。

調べる手間が省けます

あなたのご希望にあわせた遺言書の内容や書き方を、わかりやすくご説明いたしますので、難しい法律や手続きの方法を調べる手間が省けます。安心してお任せください

面倒な書類集めも不要です

遺言書の作成では、住民票や戸籍の取得などが必要です。

当サポートセンターへご依頼いただければ、書類集めもすべて代行いたしますので、安心して日々の生活に集中することができます

遺言内容もご提案します

どのようにしたいのか?あなたの希望をしっかりお聞きいたします。その希望が実現できるような遺言内容をご提案いたします。普段通りのあなたで、想いをお聞かせください。

スピード対応

最短2週間で遺言書の作成をいたします。

 

出張相談もOK!

ご自宅はもちろん、介護施設や病院への出張相談にもお伺い致します。ぜひお気軽にご相談ください。

明朗会計

料金は、このページに掲載しているワンプライスのみですので、価格面でも納得した上でご依頼いただけます。

お客さまの声

自分で申立て手続きをすすめてきたのですが、書類の不備でつまづき、なかなか受理されず困っていたところ、先生のホームページを見つけました。成年後見については、うちのケースではほんとうにこれでいいのか?と不安でしたが、やはり専門家の先生のアドバイスは的確で、安心してお願いすることができました。まだはじまったばかりですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

箕面市 Y様

自分で申立て手続きをすすめてきたのですが、書類の不備でつまづき、なかなか受理されず困っていたところ、先生のホームページを見つけました。成年後見については、うちのケースではほんとうにこれでいいのか?と不安でしたが、やはり専門家の先生のアドバイスは的確で、安心してお願いすることができました。まだはじまったばかりですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

箕面市 Y様

制作の流れ

無料相談へご予約ください

このページの一番下のお問い合わせフォームから、お電話かメールで無料相談のご予約をしてください。

無料相談の実施

実際にお客さまとお会いして、遺言の内容にかんするご希望をお聞きします。まずは遺産相続について、現在考えていることを書き出す作業からスタートしましょう。

ご提案と正式契約

ご相談内容に最適な遺言書が決まれば、①遺言内容 ②手続き期間 ③費用 についてご提案いたします。納得頂ければ正式契約となります。

必要書類の準備

戸籍謄本・印鑑証明など、遺言書の作成に必要な書類を用意します。

公証人との事前打ち合わせ

事前に公証人と打ち合わせを行い、遺言公正証書の原案を作成いたします。その後、遺言者ご本人に原案の最終チェックを行っていただきます。

証人立会いの下、公証役場で遺言書を作成

遺言者ご本人と証人2名の立ち合いのもと、遺言公正証書を作成します。原本は公証役場が保管し、正本と謄本を遺言者御本人にお渡しします。

料金

公正証書遺言作成サポート

公正役場で作成する遺言書のサポートです。

✅無料相談

✅事前打ち合わせ

✅書類作成

✅公正役場同行

95,000円

自筆証書遺言作成サポート

自筆で作成する遺言書のサポートです。

✅無料相談

✅事前打ち合わせ

✅書類作成

✅遺言書作成

95,000円

私にお任せください!

大阪相続・遺言サポートセンター 代表

相続 太郎

 

昭和48年1月15日生まれ
兵庫県宝塚市出身

関西山田大学法学部法律学科卒業

司法書士事務所勤務の後に司法書士資格取得(平成16年)

平成23年4月に独立開業後、 平成27年11月に 「大阪相続・遺言サポートセンター」開設。

所属団体 大阪デモ司法書士会 成年後見センターリーガルサポート

こんにちは、大阪相続・遺言サポートセンター代表の相続太郎です。

高齢化社会が進む中で、成年後見制度の重要性がますます高まってきました。

しかし、成年後見については一度手続きしてしまうと、途中で簡単にやめることもできませんので、どの制度を利用すればいいのか?その判断に迷ってしまう方がほとんどではないでしょうか?

また、成年後見を利用したいけど、信頼できる後見人がいないという問題を抱える方も少なくはありません。

そこで、当サポートセンターでは、成年後見制度の恩恵を一人でも多くの方にうけていただくために、これらの面倒な手続きのすべてを丸投げできるサービスをつくりました。

手続きの代行だけを行うのではなく、お客さま一人ひとりの人生を考え、安心できる暮らしを手に入れることを目標に、お手伝いさせていただこうと思っています。

まずは無料相談にお越しいただき、わからないことはなんでもお気軽にご相談ください。

大阪相続・遺言サポートセンター

代表 相続 太郎

まずは無料相談のご予約をどうぞ

遺言書の制作は、個々の状況によって内容が大きく変わってきます。

また、状況によっては遺言よりも他のツールを利用したほうが良い場合もあります。
まずは無料相談であなたのケースについて一緒に整理していきましょう。

無料相談のご予約は以下の2つの方法があります。

1、メールでのご予約

下記の入力フォームに必要事項を記入して「送信」ボタンを押して下さい。

ご登録のお電話番号に折り返しご連絡差し上げます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご連絡事項

個人情報の取り扱いについては、当サイトの「プライバシーポリシー」を遵守いたします。
「プライバシーポリシー」をご確認のうえ、同意いただける場合は下記に「はい」をご入力ください。




2、お電話でのご予約

下記の電話番号に電話して「成年後見の無料相談に申し込みます」と

お伝え下さい。ご都合のよい日時を担当者がお聞き致します。

よくある質問

遺言書に有効期限はありますか?

遺言書に有効期限はありません。 昔に書かれた遺言書が発見された場合、それより新しい遺言書がなければ、古い遺言書がそのまま有効とされます。また、新しい日付の遺言書が見つかったとしても、その内容が、古い遺言書の内容を変更・取り消しするような内容でなければ、古い遺言書の内容は引き続き有効となります。

遺言書と遺書の違いは何ですか?

遺言書は、法的効力をもつ文書で、遺言者本人が書いたものだと立証されても、所定の要件を満たしていなければ法律的には無効になります。 これに対して、遺書は、法律的な効力が元々求められていないので、所定の様式はなく、亡くなる前に自分の気持などを家族や友人に書き記したものをいいます。

妻や子供に遺言書を作ることを反対された場合は、遺言書をつくることはできないのでしょうか?

遺言書の作成にあたっては、家族の同意は不要ですので自由に作成することができます。遺言書は自分の意志だけでつくることができますし、もちろん、家族の意見をとりいれることもできます。

遺言の内容と異なる内容の遺産分割はできますか?

相続人全員の合意があれば、遺言書とは異なる遺産分割をすることができます。 また、遺言がない場合でも、必ずしも法定相続分に従う必要はありません。 相続人全員の合意で自由に分割できます。

親族のことなどを相談することに戸惑っています・・・

ご安心ください。ご相談いただいた内容に対しては守秘義務がございます。何なりとお話ししていただいて、一つ一つ解決していきましょう。

他の人と共同で遺言書を書くことはできますか?

遺言書の作成のための準備を共同で行なっても問題ありませんが、他の人と共同で遺言書を書くことはできません。遺言書の作成はそれぞれが独立して行う必要があります。

事務所概要

大阪相続遺言サポートセンター
所在地
〒562-0031 大阪府箕面市小野原東
代表者
相続太郎
TEL
000-737-4037
FAX
000-737-4276
業務内容
・不動産に関する登記(相続、生前贈与、売買)
・商業登記(会社設立等)
・遺言書・公正証書などの書類作成
・成年後見、財産管理
・債務整理手続
営業時間
月曜日〜金曜日 AM9:0〜PM6:00

※営業時間外のご相談、土・日・祝日のご相談も受け付けております。